導入・環境

2014年3月 1日 (土)

【書籍】オープンCAE「Salome-Meca」ではじめる構造解析

Salome-Mecaによる構造解析入門に最適な本が出版されました。

『オープンCAE「Salome-Meca」ではじめる構造解析』 
柴田 良一 【著】
ISBN9784777518166 税込価格2,625円、 工学社

Salome-Mecaをすぐに試してみたい、という方がすぐに使えるよう、DEXCS-SalomeのLiveDVD(32bit版)が付属しています。

DEXCS-Salomeは、Linuxのシステム構築が苦手な方のために、Salome-Mecaやその他の便利なツール類を、Linux(ubuntu) 上にインストール・環境設定済みで、それを丸ごとまとめてインストールできる、大変ありがたいパッケージです。

更にこのDVDに収められているSalome-Meca(2013.1)は、著者の柴田先生、CAE懇話会Salome-Meca活用研究会日本語分科会、その他協業者の方の活動成果によって日本語化されています。

オープンCAEのハードルとして、「外国語」、「Linux」、「WEBでの情報収集」等がありますが、この書籍によって、これらのハードルがぐっと下がったのではないかと思います。

私も早速購入し、最初の結果が得られる2章まで進めてみました。

その過程ですが、特にここで改めて説明する必要は無いようです。本書に沿って進めていけば、結果が得られます。

ただし、本書の進め方は付属のDVD起動で例題を実行していきますが、私は「附録A」に従い、仮想PC(VMware)にインストールして進めました。仮想PCへのインストールについても、附録Aに沿っていけば問題ないと思います。

DEXCSインストール後、デスクトップのアイコンをクリックすれば、既に日本語化されたSalome-Meca2013.1が起動します。

Dexcs11

第2章の、片持ち梁の変位出力の結果です。

Dexcs12

DEXCSのありがたいところは、Salome-Mecaだけでなく、FreeCADやNetgenなどの便利な周辺ツールもインストールされている事です。Linuxのソフトウェアのインストール自体は比較的簡単になってきましたが、何か動作環境の違い等で動かなかったりすると、Linuxに疎い人はそこからどうしようもなくなります。やはり動作確認出来た状態で、そのOS・環境丸ごとインストールできるというのは助かります。

2014年2月13日 (木)

Salome-Meca 2014.1リリース (Salome公式日本語化)

5ヶ月ほど更新が滞っておりました。

主課題のゴム部品の解析がなかなか思うように進まず、新しく掲載する内容が出来ていない状況です。

しかし、そうしているうちに、Salome-Mecaの新しいバージョンである「2014.1」がリリースされました。
内容は

Salome: 7.3.0
Code_Aster: 11.5(Stabe), 12.1(Testing)

となっています。

今回リリースされた2014.1版の注目点は、Salomeの日本語化に公式対応した事です。Salome-Meca活用研究会(Japan Salome-Meca Workig Group)の日本語化分科会と、その協力者の方々が開発元のEDF社と協力して実現しました。

私がインストールした環境は、仮想PC(VirtualBox)上のDebian 7.2.0ですが、インストールに関しては、こちらの古いバージョン用に記載されている方法で問題なく完了しました。設定はデフォルトで進めたので、プログラムは自分のhomeディレクトリのしたのsalomeディレクトリに入りました。

最初にSalomeを起動すると英語版で立ち上がりますが、そこで「File」-「Preference」のGeneralタブで、Languageをen(英語)からja(日本語)に変更して、Salomeを再起動する事で日本語化できます。

S2014_101

メニューなどが日本語化されていることが分かります。

S2014_102

Salomeの日本語化については、日本ローカルの先行版として「DEXCS2012-salome」(http://dexcs.gifu-nct.ac.jp/download/)にて実現していましたが、そのときは、ジオメトリの移動やコピー時にデフォルトで設定される名前が日本語になってしまい、そのままではオブジェクトブラウザ上で文字化けするという問題がありました(詳細はこちら)。しかし今回のバージョンではデフォルトの名前は英文字表記に直っており、そのままでも問題ありません。

S2014_103

ただし、今回のSalome-Meca 2014.1では、DEXCSのようにEficasメニューが日本語化されていません。Eficasの日本語化は、Salome-Meca活用研究会による日本ローカルの仕様のためです。そのため、Eficasを含めた日本語化については、次のDEXCS-salomeの公開を待つことになります。

2013年8月10日 (土)

Salome-Meca2013.2でASTKが起動しない

私の環境だけかもしれませんが、先月(2013年7月)リリースされた「Salome-Meca2013.2」にて、ASTKが起動できず困っていました。

Linuxに不慣れだと、こういうときに非常に苦労します。

試してみた環境は

(1)インテルマシン(SuSE10)+仮想PC(VirtualBox)+debian7 64bit
(2)インテルマシン(Windows7)+仮想PC(VMware)+debian6 64bit
(3)インテルマシン(Windows7)+仮想PC(VMware)+ubuntu12.04 LTS 64bit

です。

上記のいずれも、Salomeは立ち上がりますが、Asterモジュールのメニューから「Aster」-「Tool」-「Run Astk」をクリックしてもASTKが起動しませんでした。画面上のアイコンをクリックしても無反応です。

Salomeはインストーラーのデフォルト(自分のホーム)にしています。ユーザー名は「cae」にしているので、Salomeの起動は

/home/cae/salome/appli_V6_6_0/runSalomeMeca

をクリックして起動していますが、これを「端末内で実行」すると、端末にメッセージが表示されるので、これを見てみると、astkを起動しようとしたときに下記のエラーが出ていました(debian)。

/home/cae/salome/SALOME-MECA-2013.2-LGPL/tools/Code_aster_frontend_1131final/bin/astk: line 46: wish: コマンドが見つかりません

“wish”というのが無いようです。

debianとubuntuで色々試していましたが、ubuntu12.04上でwishと打ってみたときに、下記のメッセージが出ました。

The program 'wish' can be found in the following packages:
* tk
* tk8.4
* tk8.5
Try: sudo apt-get install <selected package>

なるほど、tkというのを入れると良いようです。
上記のうち新しそうなtk8.5を入れることにしました。

cae@ubuntu:~$ sudo apt-get install tk8.5

何やらズラズラとメッセージが表示されましたが、ちゃんと入ったようです。

その後、もう一度Salomeを立ち上げ、Asterからastkアイコンをクリックすると、無事astkが起動しました(Asterのメニューからでも起動しました)。

また、debian6でもtk8.5を入れた後に試してみると無事起動できました。

なお、DEXCS2012-Salome-D1-B1-64(ubuntu12.04 + Salome-Meca2013.1日本語版)に、追加で2013.2をインストールした場合は、初めからこの問題は起きませんでした。

それならDEXCS2012に追加インストールで良いじゃないかと思うのですが、DEXCS(ubuntu)は一部の仮想PC環境との相性が原因のためか、Geometryの表示画面(OCC)に問題が生じる場合が有り、私としてはdebianを使いたい理由があります。

環境がちょっと違うと動かない事があったりして、Linuxのアプリはなかなか難しいです。

2013年7月24日 (水)

Salome-Meca 2013.2

Code_Asterの公式サイトで、Salome-Meca 2013.2のダウンロードが出来るようになりました。

http://www.code-aster.org/V2/spip.php?rubrique21

これに含まれているSalomeとCode_Asterのバージョンは、下記の通りです。

  • SALOME 6.6.0
  • Code_Aster stable (version STA 11.4)

SALOMEは先日、バージョン7が公開されたので、それになるかと思っていましたが、バージョン6のままのようです。

またCode_Asterは、stableがSTA11.4になり、testingがSTA12.0になったのですが、今のところ両者は同一なので、11.4のみになっているようです。

Salomeが6.6.0のままなので、見たところSalome-Meca2013.1と変わらないような印象です。しかし、Code_Asterが11.3から11.4に変わっており、細かな改良がされていると思います。このあたりは順次確認していきたいと思います。

なお、私の環境の一つ「Virtualbox + debian6」では、なぜかSalomeからASTKを起動する事が出来ませんでした。debian7でも同じです。

仕方が無いので、とりあえずDEXCS-Salome-D1-B1-64(日本語版)の自分のhomeディレクトリに追加インストールして試行しています。

2013年6月 8日 (土)

DEXCS2012-Salome(日本語版)の注意点

先日ご紹介した「DEXCS2012-Salome(日本語版)」ですが、使っていくうちにいくつか気づいたところが出てきました。

まず、Geometryですが、オブジェクトに対して移動などの操作をする際、下図の様に、結果の名前にデフォルトの名前が入ります(ここでは“変換_1”になっています)。

Japanese11

このデフォルトの名前が日本語になっているため、このまま適用すると、オブジェクトブラウザ上での名前が「??_1」のようになってしまいます。

Japanese12


これでも特に問題は無いようなのですが、オブジェクトブラウザ上で何のことか分からなくなってしまいますので、「結果の名前」を英字で打ちかえるか、適用後にオブジェクトブラウザ上で「名前の変更」をしたほうが良さそうです。

それから、Eficasもメニューや説明の一部が日本語化されていますが、下図のように、パラメータの一部が日本語で表示される現象が出ています("CONTINUE"が"続行"になる)。

Japanese13


これについても、commファイル上では元のパラメータのままなので、差し支えは無いようです。

なお、EficasはSalomeから立ち上げないとメニューが日本語化されません。私はASTKからcommファイルをクリックしてEficasを立ち上げる事がほとんどですが、その場合はメニューはフランス語のままです。これは仕様のようです。

2013年6月 1日 (土)

DEXCS2012-Salome(日本語版)リリース

DEXCS2012-Salome-D1-B1-64がリリースされました。

ダウンロードは下記URLです(メールでの登録が必要になります)。

http://dexcs.gifu-nct.ac.jp/download/

今回の最新版は「DEXCS2012-Salome-D1-B1-64」になります。64bit版のみです。

「DEXCS-Salome」は、構造解析ソフトの「Salome-Meca」をLinux OSである「Ubuntu」にインストールして動作環境を構築した上でパッケージ化し、パソコンへOSと解析ソフトを一度に導入できるという便利なシステムです。また、Salome-Mecaの他にもFreeCADやメッシュ作成などの便利なソフトも入っています。

詳しくは下記のサイトをご覧下さい(DEXCS公式サイトの説明)。

http://dexcs.gifu-nct.ac.jp/pukiwiki/index.php?DEXCS%20Official%20Wiki

今回の注目点は、「日本語化」です。

CAE懇話会Salome-Meca活用研究会の「日本語化分科会」と、DEXCS-Salome開発チームの共同作業によって実現しました。

インストールは従来のDEXCSと同様です。私の自宅のパソコンはWindows 7 64bitに、VMwareという環境ですが、それに入れてみました。
以前のインストールは下記URLをご参照下さい。

http://salome-meca.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/dexcs2011-salom.html

仮想PCのHDDにインストール後、起動した画面です。
Salome V6__6の起動アイコンをダブルクリックすると、Salomeが立ち上がります。
Ubuntuは12.04.1、Salome-Mecaは2013.1が入っています。

201306011

メニューが日本語化されています。

201306012

結果表示のParaVISのメニューも日本語化されています。ただし、パラメータ類やフィルタ名などは英語のままです。

201306013

Salome-Mecaの「ファイル」-「環境設定」-「一般的」タブで、言語を切り替える事が出来ます(デフォルトではjaになっています)。enが英語、frはフランス語です。

201306014

2013年5月18日 (土)

Salome-Meca活用研究会の情報公開更新

NPO法人CAE懇話会」の研究会である「Salome-Meca活用研究会」の2012年度の活動結果の情報公開の一部を更新しました。

https://sites.google.com/site/cae21salomesub4/home

これは、研究会の一部である「入門・導入・検証分科会」の活動結果です。

メンバーの動作環境アンケート結果や、インストールマニュアルがあります。

この情報公開ページは暫定的なものであり、研究会の正式サイトが出来ればそちらへ移動します。

Salome-Mecaの入門・導入に役立つ情報については、こちらもご参照下さい。

それから、「Salome-Meca活用研究会」は、第3期の活動メンバーを5月末まで募集しています。詳しくはこちらをご参照下さい。

2013年4月 6日 (土)

公式トレーニングマニュアル

3月下旬、Code_Aster公式サイトの「Code_Aster trainings」の内容が大幅に追加されたようです。

http://www.code-aster.org/V2/spip.php?article282

Code_Asterの使い方の詳細を学ぶには公式のマニュアルを読むのが良いと思いますが、その前にある程度の概要を知っておいた方が理解しやすいかと思います。

この「Code_Aster trainings」はパワーポイントのスライド形式で図が多く、英語ではありますが、比較的理解しやすいかと思います(とは言え、 “Module 2 : Advanced training”以降は難しい内容が多く、私は全てを理解できていません)。

ただし、これを見るにはパワーポイントを見られる環境が必要なので、パワーポイントが入っていないPCでは無料のビューワーなどを用意する必要があります。

2013年2月24日 (日)

Salome-Meca 2013.1 インストール

前回更新からかなり期間が空いてしまいました。
ずっと続けてきたテーマについての問題点が解決できず、行き詰まっています。
これが解決しない限り、私のSalome-Mecaの活用は先に進めないので困っています。

さて、そうしているうちにも、Salome-Mecaの新バージョンである「2013.1」がリリースされました。

http://www.code-aster.org/V2/spip.php?article672

構成は

・SALOME 6.6.0
・Code_Aster stable (version STA 10.8)
・Code_Aster testing (version STA 11.3)

で、64bitのみです。

早速インストールしてみました。

【利用環境】

 仮想PC上の「debian6 」(以前から、Salome-Meca2012.2が正常動作している環境)。
このdebian6に、Salome-Meca2013.1をインストールしました。

【ダウンロード】

Code_Asterの公式サイト・ダウンロードページ

http://www.code-aster.org/V2/spip.php?article303

から、Salome-Meca 2013.1をダウンロードしました。

(ダウンロードファイル名は「SALOME-MECA-2013.1-LGPL.tgz」なのですが、WindowsのIE8でダウンロードすると、拡張子が何故か「tar」に変わっていました。よく分かりませんが、そのまま進めました。)

 上記のdebian6環境に、一般ユーザー「cae」でログインし、ホームディレクトリ(/home/cae)にこのファイルを置きました。

【インストール】

 これまでSalome-Mecaは/optの下に管理者権限でインストールする形式でしたが、今回からはインストーラーを用いて、デフォルトで一般ユーザーのホームディレクトリに入れる形式に変わっています(もちろん、任意のディレクトリを指定できるようになっています)。
 公式ページのニュースリリースにインストール方法が書かれています。

http://www.code-aster.org/V2/spip.php?article672

しかし、どうもファイル名や、ファイル展開後のディレクトリ構成が今回ダウンロードしたものと若干異なるようです。そのため、下記のように行いました。

(1)ダウンロードして、ホームディレクトリに置いたtarファイルを展開
   端末を開いて、自分のホームディレクトリに移動。そこで、下記のように入力しました。

$ tar xvf SALOME-MECA-2013.1-LGPL.tar

(”$”はプロンプトです。)
これで、ホームディレクトリに下記ファイルが出来ました。

SALOME-MECA-2013.1-LGPL.run

(2)インストーラーの実行

   上記ファイルをコマンドラインから指定するだけで良いようです。

$ ./SALOME-MECA-2013.1-LGPL.run

   インストーラーは、インストールの場所と、言語の選択を聞いてきました。
   インストール場所はデフォルトのまま、言語は英語のままにしました。

    Enter the Salome install directory [default=/home/cae/salome] :
Salome is in English, do you want to be in French ? [y/N] : N

この後、色々メッセージが出てきて、最後に下記のメッセージが出て完了のようです。

The SALOME application was successfully created.
To run the application:
$ /home/cae/salome/appli_V6_6_0/runAppli
Patching file /home/cae/salome/SALOME-MECA-2013.1-LGPL/tools/Eficasv1_V6_6_0/generator/generator_python.py

(3)Salome-Mecaの起動

  上記メッセージによると、コマンドラインから

   $ /home/cae/salome/appli_V6_6_0/runAppli

  にて起動するようです。
しかし、appli_V6_6_0フォルダ内には、runAppliの他に、従来の起動スクリプト「runSalomeMeca」も存在するので、どちらか迷いました。結局どちらでも起動するようですが、runSalomeMecaの中から、runAppliを呼び出す形になっているので、とりあえずrunSalomeMecaにて起動しました。下記コマンドで、無事にSalomeが起動しました。

   $ /home/cae/salome/appli_V6_6_0/runSalomeMeca

【実行テスト】

  実行テストは、OpenCAE Users Wikiの、「DEXCS-Salome公開」にある「DEXCS-Salomeの使用法解説」の解説文書「DEXCS-SALOME-1.pdf」を用いました。

この問題で用いるSTEPファイル「sample.step」も同じページにあります。
    

(1)STEPファイル読み込み
解説に沿って進め、「Geometry」にてsample.stepをImportしようとすると、これまでのSalomeと異なり、下記メッセージが出てきました。

Salomemeca2013_101


STEPファイルに埋め込まれている単位(今回はmm)を考慮するかどうか?という事のようです。これを「No」で取り込みました。すると、モデルは50x50x100のサイズで取り込まれました(ここで「Yes」にすると、0.05x0.05x0.1になります)。

Salomemeca2013_102


このSTEPファイルは、おそらくmm単位で、50x50x100で作られていると思います。そのため、単位を考慮して「Yes」にすると、それをわざわざSI単位に直して、0.05x0.05x0.1にしてくれるのではないかと思います。Salome-Meca2012は問答無用でこの「Yes」形式になるので、後で1000倍に拡大するなどの処理が必要でした。

ここを「Yes」か「No」のどちらにするかの判断は、この後のヤング率や圧力の単位を何にするかという事で変わってくるので一概には言えませんが、基本的に私は、長さは[mm]、ヤング率と圧力は[MPa]、力は[N]を用い、CADモデルは[mm]寸法で作成しますので、ここは「No」になるかと思います。

(2)解析の実行

その後の解析実行については、特に変わりありませんでした。Mesh作成でのメッシュサイズは、「Automatic Length」で、Fitnessを0.2にしています。

結果は下図のように、ほぼ解説どおりとなりました。

Post-Proによる変位図
Salomemeca2013_103

Post-ProによるMises応力図
Salomemeca2013_104

また、

・Eficasによるcommファイルの編集
・ASTKによるJOB実行
・ParaVISによるポスト処理

についても動作を確認しました。

ParaVISによる変位図
Salomemeca2013_105

今回の更新では、上述のように、STEPファイル読み込み時に単位を変換するかどうか聞いてくれるところがありがたい所です。

2012年11月18日 (日)

入門に役立つリンク

SALOME-Mecaをこれから導入していくにあたって、役立つリンク「入門に役立つリンク」をサイドバーに追加しました。

基本的には「OpenCAE Users Wiki」の情報だけで、初心者の状態から十分始められます。
このブログの「導入・環境カテゴリ」を一番初め(一番下)から見て頂くと分かりますが、実際私自身がそうでした。

また、「Code_Aster & Salome-Meca」も、インストールから具体的な活用テクニックまで、詳しい情報がまとめられています。

日本語による入門については、上記2つのサイトを主に参考にしていけば良いと思います。

それから「SALOME-Meca活用研究会の情報公開」は、NPO法人CAE懇話会の「SALOME-Meca」活用研究会内での入門・導入に関する情報の公開です。
動作環境(ハードウェア、OS、導入形態など)や、インストールマニュアルがあります。現時点で上記は暫定サイトなので、今後URLが変更になる可能性があります(サイドバーのリンクはその都度修正します)。