« ゴムバンドの摩擦力による動力伝達(問題点) | トップページ | Salome-Meca 2013.1 インストール »

2013年1月 5日 (土)

ParaVISで応力やひずみを部分的に表示する

SalomeのParaVIS(ParaVIEW)で計算結果の応力やひずみ等を表示する際、モデル全体ではなく、ある一部分だけ表示し、残りは単一の色または非表示にしたい場合があります。

これについては、メッシュ作成時、またはCode_Asterの中でグループを作成しておけば、そのグループごとに表示をON/OFFして、表示方法の設定を変えることが出来ます。

下記は、Salome-Meca2012.2(SALOME 6.5 + Code_Astr 11.2.0)での例です。OSはdebian6です。

これは、先日実施した「ゴムバンドの摩擦力による動力伝達(前編後編問題点)」の結果表示例です。

Group01


これは「WarpByVector」フィルターを用いて変形状態でMises応力を表示したものですが、ローラー部分についても応力分布が表示されているため、見づらくなっています。このローラー部分は評価対象では無いので、応力を消したいところです。

そこでまず、応力を表示したいゴムバンドである「bandグループ」のみに絞った表示をします。

Pipeline Browser上で「WarpByVector1」を選択した状態にしておき、そこでメニューから「Filters」-「Alphabetical」で「Extract Group」をクリックして追加します。そして追加された「ExtractGroup1」のPropertiesに「Group」のタブがあるので、その中で表示したいグループのみ(ここでは「band」)にチェックを入れ、その他はチェックを外し、Applyを押すと、チェックしたグループのみが表示されます。

Group02


表示内容については、ツールバーで設定します。今回はMises応力分布を「Surface With Edges」で表示しています。

ここでもしPipeline Browser上で「WarpByVector1」の表示がONになっているようなら、OFFにしてください(左端の眼のマークをクリックしてグレーにする)。また、「ExtractGroup1」が表示OFFになっていたらONにしてください(左端の眼のマークをクリックして黒にする)。

次に、応力を表示したくないローラーである「drグループ」、「dnグループ」です。
再びPipeline Browser上で「WarpByVector1」を選択し、もう一度「Extract Group」を追加します。
ここで、必ず「WarpByVector1」を選択した上で「Extract Group」を追加する事が重要です。
上で作成した「ExtractGroup1」を選択したままで追加すると、「ExtractGroup1」から更に絞り込むという設定になってしまいます。

「ExtractGroup2」が出来るので、PropertiesのGroup設定で、drとdnのみにチェックが入った状態にしてApplyを押します。
これで、ローラー(dr, dn)が表示されますので、ツールバーで表示内容を「Solid Color」にします。これで単色で塗られます。

Group03


Solid Colorの色の設定は、「ExtractGroup2」の「Display」タブに「Set Solid Color」のボタンがあるので、それを押して変更できます。

Group04

なお、今回は「Extract Group」フィルターを用いましたが、同じような事を「Exract Block」や「Extract Selection」でも行えます。後者は、グループを作成していなくても、ParaVISの画面上で選択さえ出来れば、その要素(節点)のみを抽出できるので便利です。

Group05


今回は以上です。

« ゴムバンドの摩擦力による動力伝達(問題点) | トップページ | Salome-Meca 2013.1 インストール »

ポスト処理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1605696/48608087

この記事へのトラックバック一覧です: ParaVISで応力やひずみを部分的に表示する:

« ゴムバンドの摩擦力による動力伝達(問題点) | トップページ | Salome-Meca 2013.1 インストール »