« 時間ステップ幅の自動調整機能 | トップページ | ゴムと金属の接触・摩擦解析(平面ひずみ) »

2012年7月29日 (日)

Salome-Meca 2012.2

Code_Asterの公式サイトで、7月23日より「Salome-Meca 2012.2」のダウンロードが出来るようになったようです。

バージョンは、SALOMEが6.5.0、Code_Aster安定版が10.7、テスト版が11.2とのことです。

私も早速ダウンロードし、以前構築した仮想PC上のdebian6にインストールしてみました。

インストール方法はこちらの解説通りで、具体的な手順は下記の通りです。

----------------------

(1)Windows上でダウンロードした「SALOME-MECA-2012.2-LGPL.tgz」のファイルを、LAN内に設置したNAS(バッファローのLinkstation)にコピー。

2.仮想PC上のdebian6(rootでログイン済み)からNASのフォルダを表示させ、「SALOME-MECA-2012.2-LGPL.tgz」をdebian6上の /opt/にコピー。
Linux上からLAN上のNASを見に行く方法は
こちら

なお、仮想PCのLinux上から直接このファイルをダウンロード出来るのであれば、1,2の作業は不要。

3.debian6のファイルブラウザで/opt を表示させ、「SALOME-MECA-2012.2-LGPL.tgz」を右クリックし、「展開」で、/opt の下に解凍する。

4.「アプリケーション」-「アクセサリ」-「端末」を起動し、

 cd /opt/SALOME-MECA-2012.2-LGPL

で、ディレクトリを移動。

 ./postinstall.sh

を実行。

5.rootからログアウトし、普段使う一般ユーザー(私の場合は"aki")で再ログイン。

6.ファイルブラウザで「/opt/SALOME-MECA-2012.2-LGPL」ディレクトリを表示し、「runSalomeMeca」を、「Alt」キーを押しながらデスクトップ上へドラッグ&ドロップ。「ここにリンクを作成」を選択。

7.デスクトップ上のリンクをダブルクリック、「実行」でSalome-mecaが起動する。

以上です。

------------------------------

起動は特に問題ありませんでした。SALOMEの見た目もそれほど変わっていないようですが、様々な機能が追加されているのでしょう。

例えばX-FEMがWizardで扱えるようになっているようです。私は破壊解析関係には全く疎いのですが、一度試してみたいところです。

#########################################

さて、動作検証ですが、先日実施した「節点反力を集約する方法」の例題(reac04)を実施しました。
新しいフォルダを作成して、そこに「reac04.hdf」と「reac04.comm」の2つのみコピーし、Salomeを起動して「reac04.hdf」を読み込みました。

私はJOBの実行をastkで行っているのですが、今回はSalome上で行ってみました(Salome上でJOB実行する機能自体は以前から有ったようなのですが、慣れの問題から、私は使っていませんでした)。

Sutudy caseを作成するために、まずMeshのモジュール起動する必要があるようですので、一旦「Mesh」を立ち上げてから、すぐに「Aster」に切り替えます。

メニューの「Aster」から「Add Study case」で設定画面を開き、下図の通り設定しました。

Pic02

commファイルはディスク上からの指定、Meshはオブジェクトブラウザでの指定です(今回、commファイルは前回の事例実行時のコピーのままで、無編集です)。

Aster versionはSTA10で、メモリと制限時間も増やしています。

OKで設定完了後、オブジェクトブラウザの「Aster」の下に作成された「reac04」を右クリックして、「RUN」で実行です。

結果は下図のとおりで、各ファイルがオブジェクトブラウザで「Results」の下に
表示されます。

Pic01


med形式の結果は拡張子が「rmed」で出力されますが、これはParaVIS(ParaVIEW)で読めるようになっています(Salome6.3ではrmedを読もうとするとエラーになっていましたが、6.4から読めるようになっているようです)。

また、resuファイルなどのテキストファイルも、オブジェクトブラウザから右クリックで、テキストとして表示するか、編集することが出来ます。ただし、編集するためにはメニューの「File」- 「Preferences」の「Aster」で、テキストエディタを指定しておく必要があります。私は「/usr/bin/gedit」を指定しています。

以上のように、問題なく非線形解析が出来ました。

ただし、例題や検証問題などの実行については、まだしばらくはDEXCS-Salomeを使って行こうと思っています(現在はA3-64)。

« 時間ステップ幅の自動調整機能 | トップページ | ゴムと金属の接触・摩擦解析(平面ひずみ) »

導入・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1605696/46502739

この記事へのトラックバック一覧です: Salome-Meca 2012.2:

« 時間ステップ幅の自動調整機能 | トップページ | ゴムと金属の接触・摩擦解析(平面ひずみ) »