« 日本語例題 6.1 接触解析(摩擦あり2) | トップページ | 日本語例題 7.1 塑性(負荷を変化) »

2012年3月17日 (土)

日本語例題 7.0 塑性変形の基本(2)

今回は、こちらの例題の「7.0 塑性変形の基本(2)」、解説文書ファイル名は「07-01.pdf」です。
DEXCS2011-Salome-A3(64)(SALOME6.3 + Code_Aster STA10.5)の利用です。

今回から塑性変形(材料非線形解析)を扱っていきます。
この「07-01.pdf」の前に「07-00.pdf」があるのですが、これまでの経験から、これは古い方法での例題であると思われるので、省略しました。

まず、いつものように形状ファイル「bar-100x20x10.stp」を読み込んで、1000倍し、fixとloadのグループを設定しました。
メッシュは四面体1次で、Maxsize=5で作成しました。

それからWizardで基本のコードを作成し、Eficasにて解説文書どおり、コードの編集を行いました。

解説文書ではSI単位を用いていますが、私はmm単位なので、材料の応力や弾性率はMPaとしています。

07011

07012

解説文書では、「STAT_NON_LINE」の下の「ARCHIVAGE」に、「ARCH_ETAT_INIT(OUI)」があるのですが、私の環境ではこれが出てきませんでした。また、CHAM_EXCLUについては設定を忘れていたことに後で気づいたのですが、計算には影響なかったようです。

計算結果は下図です。

07013

降伏点(105MPa)以上が赤色の部分です。

次の線形解析との比較は省略し、円柱の圧縮を行いました。

「Pole.stp」を読み込んで、いつもどおり1000倍し、グループを作成しました。
メッシュは四面体1次要素で、Maxsize=2 です。

07014

Eficasによるコード編集は、barと同様に行い、更に、材料の応力-ひずみの定義に「(2,3000)」のデータを追加、また、DEFI_LIST_REELについても、解説文書どおりに圧縮はじめの0.0~0.1までを5分割、0.1~1.0までを5分割としました。

これで計算開始したのですが、どうもインクリメント回数の上限に達したようで、途中で停止してしまいました。そこで、ITER_GLOB_MAXIを300にして再計算したところ、最後まで計算できました。

07015

なお、今回は練習問題ということで1次要素を使っていますが、実際には四面体の1次要素は推奨できません。四面体要素を使うのであれば、2次要素を使うべきだと思います。

今回は以上です。

« 日本語例題 6.1 接触解析(摩擦あり2) | トップページ | 日本語例題 7.1 塑性(負荷を変化) »

例題の実施」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1605696/44525319

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語例題 7.0 塑性変形の基本(2):

« 日本語例題 6.1 接触解析(摩擦あり2) | トップページ | 日本語例題 7.1 塑性(負荷を変化) »