« 日本語例題 3.0 複合材 | トップページ | Salome-Meca2012.1 »

2012年2月25日 (土)

日本語例題 4.0 部品の連結

前回に引き続き(こちら)の日本語例題です。今回は「04-00.pdf」(部品の連結)です。

 

前回(03-00)は異なる部品の境界面を共有節点でメッシュ作成しましたが、今回は別個にメッシュを作成して連結する方法です。

 

まずmulti-bar-1.stpを読み込み、これまで同様に1000倍しました。その後、説明通りにグループを作成し、メッシュを切りました。

 

201202231

 

部品間で節点が共有されていない事が分かります。

 

次に、Meshの下にグループを作りました。前回は、Mesh_1を右クリックして出る「Create Groups from Geometry」の存在に気が付きませんでしたが、今回はこれを用いました。

201202232

 

GeometryからElementsおよびNodesにグループを移行出来るようです。今回はElementsの方へ移行しました。これで、FaceVolumeにそれぞれのグループが出来たようです。

 

201202233

 

それからAsterに移動し、Wizardで一旦解析ケースを作った後、Eficasで入力の編集をしました。これも、ほぼPDFの説明通りに出来ました。

 

201202234

 

これで計算を実行すると、これも説明通りの結果が出ました。

 

201202235

 

やはりBaseの上面が、Barに接触していない部分まで歪んでいます。どうも、指定した面同士をはみ出した部分まで含めて結合するようです。

 

次に「部品間に隙間が有る場合」です。

 

形状ファイルを読み込み後に1000倍するため、PDFの説明とは少し異なる構成ですが、2つの部品が離れた状態でメッシュが作成出来ました。Meshの下に各グループも作っています。

 

201202236

 

それから、EficasAster Codeの編集を行いました。

 

201202237

そして計算を実行させたのですが、エラーになってしましました。

 

messファイルの最後の部分に下記メッセージが出ていました。

------------------------------------------------------------------

 

JDC.py : ERREUR A L'EXECUTION - INTERRUPTION

 

>> JDC.py : DEBUT RAPPORT

 

CR d'execution de JDC en MIXTE

 

 !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 ! <S> Exception utilisateur levee mais pas interceptee. !

 

 ! Les bases sont fermees. !

 

 ! Type de l'exception : error !

 

 ! !

 

 ! le GROUP_MA bar0.5 ne fait pas partie du maillage : MAIL !

 

 !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

fin CR d'execution de JDC en MIXTE

 

 

 

>> JDC.py : FIN RAPPORT

 

EXECUTION_CODE_ASTER_EXIT_0006-4330-T3697-V=1

--------------------------------------------------------

 

bar0.5のグループ指定になにか不具合があるようですが、それ以上のことはフランス語なのでよく分かりません。せめて英語なら・・・と思います。

 

グループ指定の方法などを色々変えて試行錯誤してみましたが、いずれもエラーが出ます(エラーの内容は、色々変わっています)。 

 

今ひとつよく分からないのが、Eficasによる入力データの編集において、各項目に対してGeometryのグループおよびMeshのグループのどちらを指定すればよいかということです。それに、Meshのグループの中でも、NodeFace,Volumeに分かれています。

ここで詰まっても仕方ないので、これは保留して先に進むことにしました。

  

それに、やはりEficasAsterのメッセージのフランス語が問題ですね。

  

さて、「04-00.pdf」はこの後更に「負荷面の形状を規制する方法」と「連結の定義方法」について説明されていますが、これらについては読むだけとしました。

« 日本語例題 3.0 複合材 | トップページ | Salome-Meca2012.1 »

例題の実施」カテゴリの記事

コメント

エラーメッセージは「bar0.5」というグループがメッシュに定義されてないと言っているようです。フランス語のメッセージはgoogle翻訳などを利用すると良いです。フランス語→日本語だとおかしな翻訳になることが多いですが、→英語だと比較的読める文章になります。
私はSalome-Mecaをほとんど利用してないので正確なことは言えませんが、Eficas内でのグループの指定は基本的にはメッシュのグループに対して行います。

MAEDAさん、こんにちは。
アドバイスありがとうございます。

なるほど、Google翻訳で英語にすれば良い訳ですね。フランス語を見たとたんにあきらめていました。
「bar0.5」については、MeshのVolumesのグループとして定義したつもりなのですが、認識されていないようですね。
何か抜けや手違いが無いか、もう少し見直してみます。

Eficas内では基本、Meshのグループで指定するとの情報もありがとうございます。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1605696/44259242

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語例題 4.0 部品の連結:

« 日本語例題 3.0 複合材 | トップページ | Salome-Meca2012.1 »