« debian6へのSALOME-Meca2011.2のインストール(2) | トップページ | DEXCS2011-SalomeMeca-A3-D0(64bit) の導入 »

2012年1月 3日 (火)

SALOME-MecaでのParaview使用

SALOME-Meca2011.2ではポストにParaViewも使えるようです。

SALOME-Meca活用技術」の「ポスト処理」の情報によると、Code-Asterの計算結果「*.rmed」を、「*.med」に書き換えると、ParaVIEWで読めるようになるようです。

早速試してみました。前回Eficasの検証で用いたL字金具の結果ファイルを複製し、拡張子をmedに変えました。

SALOMEを「ParaVis」に切り替え、「File」-「Open ParaView File」で先ほど作成したmedファイルを読みます。

画面左のObject Inspectorの設定はよく分からないので、とりあえずそのまま「Apply」を押します。これで結果が読み込まれました。

2012010308b_2

モデルの回転や移動、拡大・縮小やFITなどは、画面上に並ぶアイコンで出来ます。また、結果の種類は左上のドロップダウンリストで選択します。

私は今回初めてParaViewに触りましたが、直感的に操作できました。Post-Proよりも使いやすそうな感じです。

« debian6へのSALOME-Meca2011.2のインストール(2) | トップページ | DEXCS2011-SalomeMeca-A3-D0(64bit) の導入 »

導入・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1605696/43606320

この記事へのトラックバック一覧です: SALOME-MecaでのParaview使用:

« debian6へのSALOME-Meca2011.2のインストール(2) | トップページ | DEXCS2011-SalomeMeca-A3-D0(64bit) の導入 »