« Salome-Meca6のインストール(3) | トップページ | debian6へのSALOME-Meca2011.2のインストール(1) »

2011年12月31日 (土)

Salome-Meca6のインストール(4)

タイトルが「Salome-Meca6のインストール」となっていますが、正しくは「Salome-Meca 2011.2(Universal 64bits)」ですね。その中のSALOMEがSALOME6です。ただ、このタイトルにて連番記事を書いているので、このまま続けます。

さて、前回Code-Asterが「_md5モジュールが無い」というようなエラーで動きませんでしたが、色々検索すると、「_hashlib」に関係あるようです。

解決策は自分では見付けられませんでしたが、友人SY氏が下記フォーラムで関連内容を発見してくれました。Code-Asterの公式フォーラムなのですが、まずはここを先に見るべきでしたね(ただここは、ちょっと繋がりにくいことがあるようです)。

http://www.code-aster.org/forum2/viewtopic.php?id=15728

どうも、Salome-Mecaで使っているPythonのバージョンによる問題のようで、Salome-Mecaのディレクトリ内の_hashlib.soを、システム側に含まれる同じ物と置き換えれば良いようです。

cd SALOME-MECA-2011.2-LGPL-x86_64/SALOME/SALOME6/prerequis/Python-266/lib/python2.6/lib-dynload/
mv _hashlib.so _hashlib.so.orig
cp /usr/lib64/python2.6/lib-dynload/_hashlib.so .

私の方でもこれを実施しました。 これでCode-Asterが動いて解析計算が出来るかと思ったのですが・・・。 再びエラーです。前回引っかかった個所はクリアでき、linear-staticに未計算のオレンジ色のマークが出るところまでは行ったのですが、それを右クリックで「RUN」すると、メッセージWindowに「Submission failed」のメッセージが出て、計算できません。

2011123001

ターミナル画面には、returns 7と出ています。このコードが何を意味するのか、Code-Asterの情報を調べなければなりません。例題の手順は間違っていないはずですが・・・。依然としてCode-Asterの動作の問題なのか、使い方(操作)の間違いでおかしなデータを入力してしまったのか、今のところ切り分けできません。

今後、もう少しCentOSで頑張ってみるか、他のLinuxを試してみるか、いずれにしても年を越しそうです。

« Salome-Meca6のインストール(3) | トップページ | debian6へのSALOME-Meca2011.2のインストール(1) »

導入・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1605696/43572347

この記事へのトラックバック一覧です: Salome-Meca6のインストール(4):

« Salome-Meca6のインストール(3) | トップページ | debian6へのSALOME-Meca2011.2のインストール(1) »