« 仮想マシンでの起動 | トップページ | ホストOSとのファイル共有 »

2011年11月13日 (日)

仮想マシンでの起動(2)

サブPC上のVMware仮想マシン環境で、DEXCS-Salomeの起動DVDからの起動がエラーになったため、メインPCの方でも試してみる事にしました。メインPCの仕様は下記の通りです。

CPU:Intel Core i7 2600K
マザーボード:ASUSTek P8Z68-V Pro(Intel Z68)
メモリ:DDR3 16GB
グラフィック: RADEON HD 6670
SSD:SATA 256GB (RealSSD C400)
HDD:SATA 2TB + 2TB
光学ドライブ:SATA Blu-rayドライブ
モニタ:DVI 接続 24インチ 1920x1200
OS:Windows 7 Professional SP1 (64bit)

サブPCと同様にVMwareをインストールし、新規仮想マシンを「後でOSをインストール」で構築しました。構築環境は下記の通りです。

ゲストOS:Linux
バージョン:ubuntu
仮想マシン名:Ubuntu
格納場所:D:\Ubuntu
ディスク容量:20.0GB
メモリ容量:1024MB
新規CD/DVD:自動検出

CドライブのSSDの容量が少なめなので、格納場所はDドライブ(HDD)にしました(VMware自体のインストールはCドライブです)。

DEXCS-Salomeの起動DVDを入れて、作成した仮想マシンを選択して「仮想マシンの再生」を押すと・・・。

201111124

無事起動しました。下の方に「VMware Tools」のインストールに関するメッセージが出ていますが、ゲストOS(Linux)上でのインストール作業となり、よく分からないのでとりあえず保留です。

この状態は、仮想マシン上で「DVDドライブから起動している」ということになります。このままでは起動の度にDVDが必要になりますし、設定が保存できません。実マシンでDVD起動している状態と変わりません。そこで、仮想マシンHDDへのインストールを行います。これは、デスクトップ上の「Custom Liveのインストール」をダブルクリックします。

この先は、インストーラーの指示に従って進めましたが、特に迷うような項目はありませんでした。手順の詳細は書籍「はじめてのオープンCAE」に記載されています。

DVDを取り出して仮想マシンを再起動すると、無事に仮想マシン上でDEXCSが起動しました。SALOME-Mecaの起動、stepファイルの読み込みも問題有りません。仮想マシンの画面解像度は1280x1024にしていますが、ウィンドウはそのサイズに自動調整されるため、横伸び現象もありません(解像度はもっと上げられます)。

201111126

ところで、ホストOS(Windows)からゲストOS(ubuntu)へのファイル受け渡しはどうしたら良いでしょうか。上記のサンプルのstepファイルは以前Windows上でダウンロードしてあったのですが、それをどうやってubuntuに渡したら良いのか分からず、結局ubuntu上からブラウザ(Firefox)でインターネット接続し、改めて DEXCS-Salomeの使用法解説 からダウンロードしました。インターネットは特に設定もしておらず、デフォルトのDHCPによって自動接続できました。

ちょっとGoogleで検索すると、VMwareの機能で「フォルダ共有機能」があるようです。また後日試してみます。

それから、サブPC上でのDEXCS-Salome起動DVDのエラー解決もしたいところです。

« 仮想マシンでの起動 | トップページ | ホストOSとのファイル共有 »

導入・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1605696/42991526

この記事へのトラックバック一覧です: 仮想マシンでの起動(2):

« 仮想マシンでの起動 | トップページ | ホストOSとのファイル共有 »