« DVDからの起動 | トップページ | 仮想マシンでの起動(2) »

2011年11月13日 (日)

仮想マシンでの起動

DVD起動の次は、仮想マシン(仮想PC)による起動の試みです。
使用したPCは前回と同じ、ちょっと古いサブPCです。

今回も、OpenCAE Users Wiki の情報を参考にします。

私は「仮想マシン」というものについては名前だけ知っていて、使ったことがありませんでした。OpenCAE Users Wiki の、DEXCS-Salome活用 には、「■VMware Playerについて」という説明が書かれていますので、とりあえずそこから、

http://www.vmware.com/jp/products/player/

に行き、「VMware」をダウンロードしました。VMwareは仮想マシンを実現するソフトの一種で、個人は無償で使えますが、姓・名とメールアドレスを登録する必要があります。

なお、VMwareダウンロードやVMwareの設定、仮想マシン上へのDEXCSの導入方法等の説明は、書籍「はじめてのオープンCAE]」に詳しく記載されています。私もこの辺りはWEB上の情報よりも詳しい、この書籍を参考にしています。

さて、メールドレスを登録すると、そのアドレスにダウンロードサイトの情報が送られてきましたので、そこから「VMware Player 4・VMware Player (32 ビットおよび 64 ビット版 Windows 用)」をダウンロードしました。VMwareのインストール自体は、上記書籍の解説に従い進めましたが、実行形式のインストーラーを基本デフォルトの状態で入れるだけですので、特に問題なく完了しました。インストール後、一回再起動しました。

次に仮想マシンへのDEXCS-Salomeのインストールです。ここで、DEXCS-Salome活用 の「インストール」の項を見ると、「JST-DEXCS研究会(1)のDVD」を対象とした説明が書かれています。しかし前回作成したDVDの内容はこれとは違うようです。Windows上で内容を見ましたが、「Ubuntu.vmx」というファイル(おそらく構築済みの仮想マシンファイル)がありません。そこで、書籍「はじめてのオープンCAE」の方の解説に従い、VMwareの起動後、「新規仮想マシンの作成」->「後でOSをインストール」の順で進めました。構築環境は下記の通りです。

ゲストOS:Linux
バージョン:ubuntu
仮想マシン名:Ubuntu
格納場所:C:\Ubuntu
ディスク容量:20.0GB
メモリ容量:1024MB
新規CD/DVD:自動検出

仮想マシン作成完了後、これを選択して前回作成した起動用DVDを入れ、「仮想マシンの再生」を押して起動です。これでbootするはずですが・・・。

しかし、ここでエラーが発生して起動しません。

201111125
Checksumエラーなので、DVDの中身が壊れているような印象なのですが。前回はこれでPCを起動し、SALOME-Mecaが動作しています。

一旦仮想マシンを削除し、PCも再起動して再度構築しましたが同じエラーです。やはりDVDの不良か、大元のisoイメージのダウンロード時に一部が欠落したのでしょうか。

もう一度DEXCS-SalomeのisoイメージダウンロードとDVD-R作成をやり直してみるべきですが、その前に、メインPCの方でも試してみる事にしました。

« DVDからの起動 | トップページ | 仮想マシンでの起動(2) »

導入・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1605696/42991110

この記事へのトラックバック一覧です: 仮想マシンでの起動:

« DVDからの起動 | トップページ | 仮想マシンでの起動(2) »