« 最初の例題実施 | トップページ | 日本語の例題実施 »

2011年11月14日 (月)

仮想マシンのCDドライブをisoイメージで

メインPC上の仮想マシンでのDEXCS-Salomeは無事動作しましたが、サブPCでは仮想マシン上の物理DVDドライブからの起動が「Image checksum error」になります(詳細はこちら)。

起動DVDが壊れている可能性があるため、もう一度「DEXCX2010-Salome-A2(32)-ISO」をダウンロードし、別の新品DVD-Rに焼いて再実行しました。しかし同様のエラーが出ます。これはDVDが悪いのでは無く、物理ドライブとVMwareの相性問題でしょうか。

そこで、VMwareの仮想マシンの設定の「ハードウェア」で、CD/DVD(IDE)を、「ISOイメージファイルを使用する」に変え、ホストOS上のC:¥にコピーしておいたDVDイメージファイル(isoファイル)を指定しました。

201111144


これで「仮想マシンを再生」すると・・・。

201111143

無事、DVDイメージから起動できました。
引き続きCustom Liveのインストールを実行し、DEXCS-Salomeを仮想マシンHDD上にインストールしました。これ以降の手順は、メインPCの場合と同じです。

仮想マシンHDDへのインストール後、仮想マシンのパワーを一旦切り、CD/DVDドライブの設定を「物理ドライブを使用する」に戻して物理ドライブからDVDを抜き、再度、仮想マシンの再生をすると、仮想マシンHDDから起動しました。

201111145

SALOME-Mecaも正常動作しています。
モニタはHDMI接続のままですが、仮想マシンをWindow表示にしているので、横伸び現象もありません。

なお、USBメモリをPCに接続すると、仮想マシンのubuntu上でもUSBメモリがマウントされます。これは便利です。

ということで、サブPCでもDEXCS-Salomeの利用環境が整いました。仮想マシンとDVDイメージファイルを使えば、物理光学ドライブは不要と言うことですね。

« 最初の例題実施 | トップページ | 日本語の例題実施 »

導入・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1605696/43011434

この記事へのトラックバック一覧です: 仮想マシンのCDドライブをisoイメージで:

« 最初の例題実施 | トップページ | 日本語の例題実施 »